Top > 悪食レポート > 音海釣行再び撃沈!

音海釣行再び撃沈!

悪っちゃんです。
I氏のお誘いに、再び音海へリベンジに。撃沈でした・・・涙


image2010-9-26-01.jpg


台風一過の音海は昨日まで、結構荒れていたとか。
当日、夜釣りソコモノ狙いで鼻息も荒く、釣り行3名は早速、堤防突端の白灯台付近に陣取り、ソコモノ仕掛けで釣り開始。


さて、所変われば釣り方も様々。

このアタリの釣り師の面々は、発電機を回して、集魚ライトを光々と照らし、結構ダイナミックに頑張っておられる方々もチラホラ。

秋の気配が一気に訪れた感のある堤防は、そんな人々で熱気もムンムン。

シカ~シ、我等の釣果はイマイチ。
ヤッパリ。

というのも、この釣り場。
ソコはゴリゴリの岩礁状態。

根掛かりオンパレードで、底モノとはいえ、投げてホッタラカシでは、いくら仕掛けがあっても足りない事に気付きました。


そこで、師のお話を当方は思い出しました。

カケアガリを重点的に狙う、という発想です。
堤防には概ね、カケアガリがあります。


しかも、竿1~2本分先でその様な地形になっている事が多いと。

image2010-9-26-02.jpg


表面の潮の状態が把握できるようになると、浮遊物や泡が何となくその状態を示唆しているかのようなので、その付近のタナを10~12ヒロ
と想定して、8号のオモリを天秤仕掛けで棒ウキ・チョイ投げで試してみました。

すると・・・

今回も貴重な一匹、アコウに再度遭遇!

20cm程度の可愛いサイズ。

image2010-9-26-03.jpg



今回、当方の目的は、手のひらサイズのマルハゲ。
こいつは、朝マヅメに数十匹確保しました。

で、今回、I氏は親子で撃沈。
この様子では、音海の再リベンジは、足が遠退きそうと少々弱気。

しかし、釣り方に一工夫すれば、釣果は決して望めなくはない、魅力的な釣り場ですよね、次回はその辺りをシッカリ対策をたてて、リベンジしましょうか、と慰め半分、そそのかし半分。

で、I氏の提案で、次回があったら、反転カゴを使って底モノ狙いにチャレンジしましょうと、一つの結論に。

その折、エサはボイルのみ。
ここのアコウはこいつにシッカリ反応します。
(青イソメやマムシで調査済み、勿論アジで、呑ませも試行しましたが、どうやらココのアコウはオキアミイーターズの模様)

image2010-9-26-04.jpg
さて、前回の釣り行のおり、イシダイ狙いのお兄ちゃんに今回も遭遇。彼等は、常連サンみたいな様です。

なんと、シッカリ30cmクラスのイシガキを見事ゲットしていました。

その、釣り方は前打ちの様。
3~4号程度の磯竿様の竿と太鼓リールにPEの道糸。エサはカニ。

イガイを足で砕いて、撒き餌にして見事なモノでした。

前回は40cm越えの垂涎の一匹でしたが、今回も立派なイシガキ。I氏親子は、そちらの釣方にも関心がありそうでした。

この堤防は、ブリクラスの青物も夢ではないそうで、次回のあることに期待したい場所です。






海信です。
悪っちゃん、苦戦してますね・・・(^◇^)

今回の悪っちゃんの釣行では、一つ彼の大いなる成長の痕跡が見られます。鋭い人なら、直ぐに解りますよね・・・

ここですね↓


>カケアガリを重点的に狙う、という発想です。
>堤防には概ね、カケアガリがあります。


コンクリートケーソンを積み上げて構築する防波堤は、海底にそのままケーソンを置く事は出来ません。基礎石を積み上げて土台を作り、その上にコンクリートケーソンを置くわけです。これで風波に負けない頑丈な防波堤になります。

基礎になっている石積みは、おおよその場合で、海に向かって駆け下がっている事も大半です。要するに、海から見て、防波堤付近は、上りの傾斜になっているわけです。こうして、波の圧力の方向を変えることで、水の当たってくる力を分散出来るような構造にもなっているのでは?と、これは、僕の想像ですが・・・笑

自然界に住む、動植物の多くは、傾斜を好みます。山の斜面に茂る植物は、平坦な場所に茂る植物より強いし大きく育ちます。ある意味、魚も同じような物ではないか?と思います。
(水族館でクエ見たことありますか?底物ですが、底より壁が好きってのが解ります)


要は、波止で釣りをする場合、一番怪しいポイントになり易いのが、この捨石の傾斜部分です。特別なポイントでもない限り、おおよそ、駆け上がりを探して、そこを重点的に釣るようにすると、上手く行く確立はかなり上がると思います。(これは、僕の波止釣り関連のウェブの中では、ミミタコです・・・笑)

この画像は、この記事中の2枚目の画像を拡大して、注目ポイントに印を入れてます。

image2010-9-26-05.jpg


駆け上がりって泡の帯が出来る事が良くあります。僕は音海には行った事が無いので、この1枚の写真からの想像だけで書いてますが、僕が見る限り、一目、この泡の帯が怪しい・・・笑

この泡の帯の周辺の深さ、底の状態、流れの向きと速さ、エサ取りの有無と種類、ここらを調査するところから始めると思います。

これにプラスして、「常連さんと話しが出来た」と悪っちゃん言ってますが、僕なら、「どの向きに流れるときに食いが立つのか?」、「周辺の水深は?」、「釣れる魚種は?」、「エサ取りの種類は?」、「今まで釣った中で、一番自慢できる物は何か?」、ここらの話を中心に、できるだけ有力情報を引っ張り出すこと(要するに、大いに釣り自慢してもらいます)に専念します。

おそらく、常連さんの釣りを見に行って、そのときは、当然竿を出さずに、暫くはその人の釣りを見せてもらって、色々と教えてもらうようにすると思います。

ここらの情報を元に組み立てると、案外上手く行くんですけどね・・・



まあ、ここらの部分が、僕が持論にしている、「釣果は、岡の人間関係で変わる」って言う部分と思います。

ぜひ参考にして下さいね。






PR:小林製薬 ヒフミド

悪食レポート

関連エントリー
悪っちゃんの悪食レポート(タカノハ編・その2)  小浜あかぐり海釣公園へ行ってきました  悪っちゃんの悪食レポート(チビマルハゲの刺し身編)  音海釣行再び撃沈!  悪っちゃんの悪食レポート(アコウ編)  音海釣行撃沈!  武庫川渡船のタコ釣り  悪っちゃんの悪食レポート(根魚から揚げ編)  悪っちゃんの悪食レポート(磯ベラ編)  悪っちゃんの悪食レポート(グレ・カルパッチョ編)  悪っちゃんの悪食レポート(タカノハダイとグレの白子編)  悪っちゃんの悪食レポート(ヒブダイ編)  
メールマガジン

当ブログ管理人・HN:海信が言いたい事を書きまくるメールマガジン。

あなたの釣りに奇跡を呼び込む12の魔法

「泣きながら読みました」と感想を送ってきた人もいたりする。何を書くのか?何が書かれているのか?はバックナンバーも全て公開してますから、そちらでご確認下さい。

あなたの釣りに奇跡を呼び込む12の魔法

まぐまぐ無料登録

バックナンバー

登録はもちろん無料。配信システムはまぐまぐを使っておりますから、個人情報の漏洩によるスパムメールの被害などのご心配は無用です。

釣りのDVD

藤原義雄グレ必釣テクニック

山元八郎・驚異のグレ爆釣法

icon

究極のアユ釣りとは?

Twitter
カテゴリー
更新履歴
新ブログを立ち上げてます(2010年12月19日)
2010 寒グレスタート!(2010年12月 6日)
悪っちゃんの悪食レポート(タカノハ編・その2)(2010年12月 2日)
BB-X SPECIAL SZを買ってみました(2010年12月 2日)
地方(じかた)のエビ撒きでハネが食っているもよう(2010年11月14日)
運営サイト

イケてる海と釣り情報・海釣りマニア
海釣りマニア

爆釣!チヌのフカセ釣り
爆釣!チヌのフカセ釣り

防波堤の釣りスーパーメソッド
防波堤の釣りスーパーメソッド

絶好潮!グレの磯釣り
絶好潮!グレの磯釣り

岸和田一文字の波止釣り
岸和田一文字の波止釣り

イカした島根の海釣り エンジョイ島根.ネット
イカした島根の海釣り エンジョイ島根.ネット

かいしんげき ウェブサービス